ベルタHMBに入ってる美容成分シリーズ2「11種のビタミン成分」

ベルタHMBサプリは、芸能人のすみれさんも愛用しており「本気のダイエッターをサポート」というキャッチコピーの通り、HMB含有量が業界トップクラスの3,000mg(一回分8粒)のほかに美容や健康に関する多くのサポート成分が47種類も入っているんです。

今日はその中の「11種のビタミン成分」について詳しく解説しようと思います!

1:ビタミンA

ビタミンAは、脂溶性ビタミンと呼ばれる油に溶けるビタミンで、発育促進、美肌効果、粘膜保護など多くの利点があります。

有名なところで言えば、暗いところで目が見えにくいといういわゆる「鳥目」に良いと言われています。

ビタミンAを多く含む食品は、鳥レバー、バター、マーガリン、チーズ、うなぎ、緑黄色野菜などです。

2:ビタミンD

ビタミンDもまた、脂溶性ビタミンと呼ばれる油に溶けるビタミンで、食物の他に日光からも体内に取り入れることができます。

ビタミンDが不足すると、乳幼児では「くる病」成人は「骨軟化症」になりやすいと言われています。特に、乳以外摂取できない乳児は適度な日光浴でビタミンDを体内に取り入れることが大事です。

ビタミンDを多く含む食品は、きくらげ、魚介類(鮭、しらす、いくら、数の子など)、卵、キノコ類です。

3:ビタミンE

ビタミンEも、脂溶性ビタミンと呼ばれる油に溶けるビタミンです。ビタミンEには抗酸化作用があるので、老化予防、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果があります。

ビタミンEを多く含む食品は、アーモンド、抹茶、菜種油などの油、かぼちゃ、アボカド、魚介類(うなぎ、たらこなど)です。

4:ビタミンB1

ビタミンB1は水溶性ビタミンと呼ばれる水に溶けるビタミンです。ビタミンB1は糖質からエネルギーを作る、皮膚・粘膜の健康維持を助ける働きをします。ビタミンB1が不足すると「かっけ」という病気になりやすくなります。かっけ(脚気)は昔日本の国民病と言われていました。

ビタミンB1を多く含む食品は、豚肉、胚芽(米のぬか部分など)、ぬか漬け、レバー、大豆などです。

5:ビタミンB2

ビタミンB2は水溶性ビタミンと呼ばれる水に溶けるビタミンです。ビタミンB2はエネルギー代謝、脂肪の分解、皮膚や粘膜を保護する働きをします。ビタミンB2が不足すると、口内炎になったり目が充血してゴロゴロした感じになりやすくなります。

ビタミンB2を多く含む食品は、レバー、納豆、うなぎ、卵類、乳製品や葉物(野菜)です。

6:ビタミンB6

ビタミンB6は水溶性ビタミンと呼ばれる水に溶けるビタミンです。ビタミンB6はタンパク質を退社する際に必要不可欠な栄養素で、免疫機能の維持、肝臓に脂肪がたまるの(脂肪肝)を阻止する働きをします。

ビタミンB6を多く含む食品は、レバー、魚介類(まぐろ、かつお、鮭など)、唐辛子、バナナなどです。

7:ビタミンB12

ビタミンB12は水溶性ビタミンと呼ばれる水に溶けるビタミンです。葉酸と赤血球を形成する際に必要となる栄養素で、悪性の貧血を予防し、神経細胞の核酸を合成したり修復する働きをします。ビタミンB12が不足すると悪性貧血(巨赤芽球性貧血)になることがあります。

ビタミンB12を多く含む食品は、魚介類(しじみ、牡蠣、赤貝、さんまなど)や海苔、レバーなどです。

8:ナイアシン

ナイアシンは水溶性ビタミンと呼ばれる水に溶けるビタミンです。ナイアシンは、糖質、脂質、たんぱく質を代謝する際に必要な栄養素です。アルコールを摂取する人ほど多くのナイアシンを消費します。ナイアシンが不足すると、ベラグラと呼ばれるナイアシン欠乏症になり、下痢や精神障害を引き起こします(多くはアルコール依存症の人がなります)。

ナイアシンを多く含む食品は、レバー、肉類(豚、仔牛肉、生ハムなど)、魚介類(たらこ、めかじき、びんちょうまぐろなど)です。

9:葉酸

葉酸は水溶性ビタミンと呼ばれる水に溶けるビタミンです。葉酸は、体内で細胞や赤血球を作る際に必要な栄養素で、特に胎児の正常な発育に不可欠なため、妊娠・授乳中には特に必要とされます。葉酸が不足すると、口内炎や肌荒れ、疲労感の原因になることがあります。

葉酸を多く含む食品は、レバー、緑黄色野菜(ブロッコリー、枝豆、モロヘイヤ、ほうれん草など)、日本茶、納豆などです。

10:パントテン酸

パントテン酸は水溶性ビタミンと呼ばれる水に溶けるビタミンです。パントテン酸は糖質、脂質、たんぱく質の代謝を手助けする栄養素で、善玉コレステロールを増やす、皮膚や粘膜を保護、健康維持などの働きをします。パントテン酸が不足すると成長障害、副腎障害などを引き起こすことがあります。

パントテン酸を多く含む食品は、レバー、納豆、たらこ等の魚卵、干し椎茸などです。

11:ビタミンC

ビタミンCは水溶性ビタミンと呼ばれる水に溶けるビタミンです。ビタミンCは、鉄の吸収を高め、コラーゲンを作る際に必要な栄養素です。抗酸化作用があることで知られており、美肌作りに欠かせない栄養素です。ビタミンCが不足すると、壊血病という皮下や歯茎から出血しやすくなる病気や倦怠感を覚えることがあります。喫煙する人はビタミンCを多く消費します。

ビタミンCを多く含む食品は、果物(特に酸味のあるもの)、野菜類、緑茶、海苔です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ベルタHMBサプリに入っているHMB以外の47種類の栄養素の第二弾として11種のビタミン成分をご紹介しましたが、ビタミンだけでもこれだけたくさん入っていて食品から毎日摂ろうと思うと料理が大変だなと感じました。

ベルタHMBサプリは、このような栄養素が効率よく摂取できるのが嬉しいですね。

次回は、ベルタHMBサプリに入っている7種のミネラル成分を解説します。お楽しみに!!

今すぐベルタHMBを買うならこちら(公式サイトへリンクします)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベルタHMBに入ってる美容成分シリーズ1「8種のボディサポート成分」

ベルタHMBに入ってる美容成分シリーズ4「10種の美容成分」

ベルタHMBに入ってる美容成分シリーズ3「7種のミネラル成分」

ベルタHMBに入ってる美容成分シリーズ5「11種のスーパーフード」

ベルタHMBの最安値はどこ?Amazon、楽天でも買えるの?店舗はある?

ベルタHMBの販売会社は信用できない?怪しいという噂を調査してみました!